• No fish no life

◎ビルメンテナンスの営業 22才~23才

大学卒業後は東京でビルの給排水設備やメンテナンスの会社に営業職として就職しました。仕事内容は徹底的な飛び込みオンリーの新規開拓営業。他の営業手法は一切ナシ。会社の同僚や先輩達はいい人ばかりでしたが、都内や近県のビルやホテルにひたすら飛び込み営業する毎日でだんだんと疲弊していき、ついに翌年の12月末に退職しました。ちなみにこの会社は、今では年商142億円で社員数486名になっていて、名前を出せば特に男性は知っている人も多いと思います。

◎自動車整備士 24才~31才

退職時には、次の仕事は車のチューニングをやろうと決めていました。なんで車かというと、もともと子供のころから機械いじりなどメカニカルな事が好きだったこともあって大学時代に車が大好きになったのです。19才で車の免許を取ってからは友達や親戚の車、帰省したときは実家の車を乗り回していました。学生時代のアルバイトも車の運転関係を沢山やりました。そのため就職してまず買ったものは車です。S55年式のTA-45セリカ1600GT エンジンはDOHCの2T-GEUで100万円位でした。もちろんローンです。学生の時に市販車をチューニングしてパワーアップして乗っている人達がいることを知り、「絶~対、これやってみたい!」とず~っと思っていたのです。当時はインターネットなどありませんから本や雑誌が情報源でした。なかでも”CARBOY”という雑誌はチューニングのノウハウ、実践した人のレポートなどの記事が充実していました。しかしチューニングといっても車の構造や整備について素人の私は、まずは車のことを知らなければなりません。そのため、整備工の見習いからスタートしようと決めました。前職の時は横浜市港北区の日吉にあった社員寮にいたのでそこを出て、緑区(現青葉区)の黒須田町という東急田園都市線のあざみ野駅からさらに奥地の田舎にアパートを借りました。その近辺の整備工場に直接飛び込んで仕事を探せばいいやと簡単に考えていました。さて、引越しも一段落して仕事探しの1日目です。昼過ぎにアパートを出て青葉台方面に行ってみることにしました。途中何件か整備工場があったのですが雰囲気が合わずにスルーしました。17時頃、青葉台から十日市場に向かう川沿いの裏通りを走っていると一件の町工場がありました。見ると工場の中で板金作業をしている人が一人いたので「ここに聞いてみよう」と思い車から降りて声を掛けました。

私:あの~、こちらの社長さんですか?

工場の人:そうですよ。

私:あの~、つかぬこと伺いますが私を雇って頂けませんか?

工場の人:エッ!今なんて言った!?

私:まずは見習いから始めたいんですが・・・

工場の人:チョットこっちに来なさい!!

私は3畳位の掘っ立て小屋みたいな小さな事務所に通されました。この工場は社長が板金担当で奥さんが経理と事務、塗装工が1人、整備士が2人の総勢5名の工場でした。丁度ベテランの整備士が辞めたばかりで人を探していたところだったとのことで、トントン拍子に話が進み、作業服も用意してくれて「明日から来なさい!」ということになりました。でも、チューニングをやりたいと思っていることは内緒でした。その社長はとってもいい人で、私が独身だったので「朝食はウチで食べなさい!一人位増えてもたいして変わらないから(奥さんは横で微妙な顔をしていました)」と言ってくれて毎朝8時に社長の自宅で朝ごはんを頂くようになりました。やりたい仕事だったので毎日楽しかったです。そうやって資格も3級を経て3年後には2級ガソリンエンジン整備士の国家資格を取ることができました。この頃愛車セリカ1,600GTに搭載されている同じ2TG型エンジンを解体屋から仕入れてきました。そして、仕事が終わるとこっそり一人工場に残ってエンジンのチューニング作業に没頭するようになりました。

整備士の傍らエンジンチューニングに没頭してた頃 26才~29才

エンジンのチューニング方法にもいくつか種類があるのですが、そもそも何のためにチューニングするのかというとパワーアップによりノーマル車よりも圧倒的な加速力を得られ、高回転で回るエンジン音や吸気・排気音を楽しむという完全自己満足の世界に浸るためです。レシプロエンジンのパワーアップにはターボチューンとメカチューンの2種類があるのですが、私がやっていたのはメカチューンの方です。ターボチューンは手っ取り早く確実にパワーアップ出来るのですが、パーツや加工箇所が多くなるためメカチューンよりも遥かに費用がかかります。ターボ車は1979年に日産のセドリック/グロリアにターボエンジンが搭載されて国産初のターボ車が登場しました。翌1980年にはスカイラインにも搭載され ”スカGターボ” と呼ばれて人気がありましたねぇ。”西部警察” ではショットガンをブッ放す渡哲也さんが乗り回していた車で、フロントバンパーの「TURBO」の逆文字が印象的でした。私がチューニングに取り組んでいたトヨタの2TGというツインカムエンジンは、チューニングの素材として日産のL型エンジンと人気を二分するエンジンでした。ガソリン車は今でこそツインカム(DOHC)エンジンが当たり前ですが、当時市販されていたツインカムエンジンはトヨタの2TG型と18RG型の2機種しか存在せず中でも1,600CCの2TGはチューニングパーツやノウハウの豊富さから人気がありました。1年以上の時間をかけて作り上げたエンジンは愛車のセリカに載せるとキャブレーションはEFIを取っ払いソレックス44を付けました。エキゾースト系はもちろんタコ足と改造マフラーの組み合わせです。実際どれくらいの馬力が出ていたのかはわかりませんが、凄まじい給気音(排気音ではない!)を響かせ夜中の港北ニュータウンを滑走しておりました。

◎九州に戻り、整備士から保険屋を目指していた頃 30才~38才

そうこうしているうちに、そろそろ九州に戻りたいなあ~と思うようになりました。何故かというと26才頃から釣りにハマるようになって、釣りをするなら断然九州のほうが良いと思ったからです。